セキュリティとインテリジェンスの専門知識を生かし
危機管理のコンサルティングをご提供致します。

安全・人知の統合、創造、挑戦

日本アイシス・コンサルティング株式会社は
リスクをより軽減するための対応、
そこに必要な情報の提供など、
危機管理全般のコンサルティングを専門とする会社です。

News

  • 2024/7/8
    ナイジェリア北東部で連続自爆テロ発生 

    6月29日、ナイジェリア北東部ボルノ州の町で、結婚式や葬式、病院を狙った連続自爆テロがあり、子どもや妊婦を含む少なくとも18人が死亡し、約30人が負傷した。いずれの現場でも女性が身に付けた爆弾が爆発した。同地域では、イスラム過激派ボコ・ハラムや過激派組織「イスラム国(IS)」系グループの襲撃が相次ぎ、10年以上で数万人が殺害されたとの報告もある。
    (注) ボコ・ハラムは、ナイジェリアの「サラフィー・ジハード主義組織」であり、正式名称を和訳・直訳すると「宣教及びジハードのためのスンナ派ムスリム集団」という。ボコ(Boko)はハウサ語「西洋式の非イスラム教育」を意味し、Haram(ハラム)は、アラビア語で「罪」の意味。つまり、Boko Haramは、「西洋の教育は罪」という意味。
  • 2024/7/1
    ロシア・ダゲスタン共和国でユダヤ教礼拝所や教会襲撃テロ事件発生

    6月23日、ロシア・ダゲスタン共和国のデルベント市と最大都市マハチカラ市で、銃乱射によるテロ事件が惹起された。ロシア正教の教会やユダヤ教の礼拝所(シナゴーグ)が武装集団によって襲撃され、教会の司祭や警備員、民間人5人と、少なくとも15人の警官を含む20人以上が死亡した。このテロ事件直後、「過激派組織イスラム国(IS)」が「コーカサスの兄弟が敢行した」と明らかにした。テロに加担した襲撃者側は6人が死亡し、警察がその他の行方を追っている。
  • 2024/6/24
    米国内における直近の重要注目事案と、「中国のスパイ活動」に見る日本国内に及ぼすリスク等

    「TikTok」が米国の法改正に及ぼした影響力等
    中国の無料動画配信の運営会社「TikTok」を巡っては米国の議員らが、以前から、そのセキュリティとプライバシーに関する懸念を高めてきた。米国議会は、この4月、中国政府がこのアプリの親会社「字節跳動(バイトダンス)」に対し、「自国民へのスパイの強要や、世論形成に係る命令の可能性」を危惧し、「バイトダンス」にアプリの売却を迫る法案を成立させた。TikTokとバイトダンスは、この法案を巡って現在、法廷闘争の最中である。
日本アイシス・コンサルティング
株式会社
〒162-0833東京都新宿区箪笥町44
OH神楽坂ビル5F
TEL:03-5946-8931
FAX:03-5946-8933